パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

Clair Paris Blog

日仏交流を活かした地域ブランド化への道 ~弘前シードルはどんな味?~

11月2日、青森県弘前市の鎌田副市長を代表とする訪問団がブーヴロン・アン・ノージュ村(Beuvron-en-Auge、フランス ノルマンディー州カルバドス県、以下「ブーヴロン村」)を訪問し、弘前市とブーヴロン村のシードル(りんご酒)を通じた協定の更新のための調印式が行われました。

続きを読む: 日仏交流を活かした地域ブランド化への道 ~弘前シードルはどんな味?~

本場パリで未来のデザイナー達に岡山のデニムの白熱教室!

有名ファッションデザイナーを多く輩出する世界トップクラスのファッション専門学校エスモードパリ校で、10月8日に伊原木隆太岡山県知事が岡山のデニムについて特別講義を行った後、岡山のデニムを使用したファッションデザインコンテストが開催されました。

続きを読む: 本場パリで未来のデザイナー達に岡山のデニムの白熱教室!

海外自治体幹部交流協力セミナー2018を開催しました!

 海外自治体幹部交流協力セミナーは、フランスの自治体幹部職員などを日本に招へいし、毎年異なる地方自治体の現場の視察や行政施策に関する意見交換などを行うプログラムです。今年度はフランスの自治体幹部職員3名を迎え、8月6日から8月15日までの期間、東京都と四国にある香川県で「地域資源を生かした地域振興と情報発信」というテーマのもと、セミナーを開催しました。 

続きを読む: 海外自治体幹部交流協力セミナー2018を開催しました!

日仏160年、京都市パリ市友情盟約締結60周年記念イベント「SHIP’S CAT」展開催!

日仏友好160年を迎える今年は、京都市とパリ市が友情盟約を締結してから60年となる年でもあります。

記念すべき節目の年を、日仏両国の市民とともに祝い、両国・両市の更なる交流を促進するため、京都を拠点に活動する現代美術作家ヤノベケンジ氏と和紙作家の堀木エリ子氏による「SHIP’S CAT」展がルーブル美術館に隣接するカルーセル・デュ・ルーブルで始まりました。

続きを読む: 日仏160年、京都市パリ市友情盟約締結60周年記念イベント「SHIP’S CAT」展開催!

東京都港区とパリ市が連携協定を締結し、「パリ・プラージュ-お台場プラージュ連携事業」を実施 ~東京2020大会と2024年パリ大会のレガシーとして都心の水辺環境の再生をめざします~

東京の臨海部に位置する港区には、東京湾と高層ビルが景色に混ざり合う人気観光スポット「お台場」があります。お台場の海は東京2020大会でトライアスロンのスイム競技やオープン・ウォーター・スイミングの会場になることから、港区は、大会後のレガシーとして「泳げる海、お台場」の実現をめざしています。

続きを読む: ...

京都・パリ友情盟約締結60周年記念事業(京都市)

 本市とパリ市は,1958年に日仏間で初めてとなる姉妹都市提携として友情盟約を締結しました。それ以降,文化,芸術,スポーツ等多彩な分野での交流を深め,その交流が京都の文化にも影響を与えるとともに,まちづくりにも活かされてきました。

続きを読む: 京都・パリ友情盟約締結60周年記念事業(京都市)