パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。最新号、バックナンバーをご紹介します。

最新号

103

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 103号」概要

 

 Actualités(トピックス)

  • 映画、祭り、仏像を通じてパリで出会う古都「奈良」(奈良県)

  • ジャポニスム2018を活かせ!-岩手の4つの魅力をPR-(岩手県)

  • パリで「岐阜の地歌舞伎」を披露 岐阜県)

 

 Activités(クレア事業紹介)

  • 熊本市で第6回日仏自治体交流会議を開催!~次回2020年会議はエクサンプロヴァンス市に決定~

  • サロン・デ・メールに出展しました!

  

 Bonnes Pratiques des collectivités japonaises(ベストプラクティス)

  • えひめ結婚支援センター「愛結び」におけるビッグデータの活用(愛媛県)

 

  Informations(お知らせ)

  • 第6回『「伝統と先端と」~日本の地方の底力~』

  • 奈良の国宝「古都奈良の祈り」展