パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 87号」を発行

当事務所では、所管国の地方行政関係者に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレターを発行しています。

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 87号」概要

 Activités
  ・第4回日仏自治体交流会議、高松市にて開催
  ・欧州地方自治体との連携強化事業
    : 第74回全仏事務総長組合総会への参加、モンペリエ地方自治体幹部職員研究所にて「日本の市町村合併」について講演

 Activités
   ・オ=ラン県‐岐阜県 : 経済・観光分野における協定締結
  ・岩手県知事、復興の歩みをフランスで発信
  ・岩手県立岩泉高校、コロンブ市のジャンヌ・ダルク学園と交流
  ・リヨン市‐横浜市 : 姉妹都市提携55周年事業
  ・コルマール国際旅行博覧会、日本自治体が観光PR
  ・JETAA主催、「酒飯論絵巻」についての講演会のお知らせ

 Bonnes pratiques
  ・神奈川県 : さがみロボット産業特区の取組


 詳しくはこちらをご覧ください。(仏語)