パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 88号」を発行

当事務所では、所管国の地方行政関係者に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレターを発行しています。

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 88号」概要

 Activités
  ・クレアパリ事務所主催「伝統と先端と-日本の地方の底力-」展 第2回開催報告

  Découvertes
 ・「和紙-日本の手漉和紙技術」の無形文化遺産登録
 ・長崎の教会群とキリスト教関連遺産の世界遺産登録に向けた取組

 Actualités
   ・バルム=ドゥ=シランジーの桜並木 

 Bonnes pratiques
  ・高知県 : 「龍馬パスポート」の取組


 詳しくはこちらをご覧ください。(仏語)