パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 89号」を発行

当事務所では、所管国の地方行政関係者に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレターを発行しています。

 

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 89号」概要

 Découverte
  ・知床 ~世界遺産と地域活性化の取り組み~

  Actualités
 ・富山市長がOECDでコンパクトシティの取組を発表
 ・リヨンの食品見本市SIRHAに日本の自治体が出展
 ・奈良市がフランスで大和茶と日本酒をPR

 Activités
  ・JETAA主催「酒飯論絵巻」についての講演会
  ・クレアパリ事務所:
    サン・レミー・ド・プロヴァンスで桜を活用した日本の自治体の地域活性化策を紹介

 Bonnes pratiques
 ・滋賀県 :水環境ビジネスの展開
 ・岡山県 :岡山発 インホイールモータ電気自動車を世界へ!

 

 詳しくはこちらをご覧ください。(仏語)