パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

新着情報

CLAIR Paris Blog

 パリの大気汚染指数は2016年11月30日(水)から上昇し、週末に改善されたものの12月5日(月)に再び悪化したため、翌日6日(火)に、パリ及び隣接する22コミューン(以下「パリ等」という。)への自動車(二輪車含む。)の進入制限措置が期間限定で実施されました(9日(金)まで継続実施。16日(金)及び17日(土)に再度実施(18日時点))。

 毎年フランスでは数多くの見本市が開催されています。観光見本市も業界向け(BtoB)、消費者向け(BtoC)とあり、パリ市で開催されるものから地方で開催されるものまで様々存在します[i]。9月20日~9月23日までフランス最大のBtoB観光見本市“IFTM(International French Travel Market) Top Resa”がパリ市で開催されましたので、報告します。

 フランスでは、2015年1月16日に公布された「州の再編・統合、州・県議会の選挙及び選挙期日の変更に関する法律(以下「2015年法」という。)に基づき、2016年1月1日に本土22州が13州に再編された。これに先立ち、2015年12月に新たな州の枠組みでの州議会議員選挙(注1)が執行され、13州のうち統合した7州については、2016年1月4日に初の議会が開会され、議長等が決定された。